「伝わる」ということ

私は現時点で、某派遣会社の内勤事務をしています。

といっても、あと2週間くらいで退職するんですけどね。

上司のやり方に本当に納得できなくて。

そこの会社に「こだわって」仕事を続ける理由もないので、退職します。


私の進退の話がしたかったのではなく。


ここ最近、上司は様々なトラブルに見舞われていて、疲労困憊です。

先日「何で、こんなにトラブルが続くんでしょうね…」と。

うん。

一言で言えば、あなたの気持ちが相手に伝わっていない、誤解されていたり、信頼関係が構築されていないからだよね?

要するに、好かれていないから。それだけでしょうね。

↑ 本人に遠慮なく言ってしまいましたが(苦笑)。


「言ったか」ではなく「伝わったか」

それでも上司は自分では、登録スタッフなどに対して、「言ったか」ではなく「伝わったか」を確認しろ、と言うんですね。

では、その「伝わった」というのは何なの?

私からしてみたら、上司の「伝わった」は、その経緯を説明して、理由と背景まで言え、ということでしかなくて、私からしたら、それは「伝わった」ではなく「説明した」か、でしかないんだよね…。

その説明した内容に対して、相手が「理解したか」の確認を取って、相手が「YES」と言ったら「伝わった」としているみたいなんだけども…。


それ、なんか違うような気がします。

私にとって「伝わった」ということは。

相手が気持ちよく「納得したか」でしかない。

つまりは「腑に落ちた」感覚をその人が得たかどうか。

相手が自分にとって気持ちよく「YES」を出せたかどうか。

それが「伝わった」ということだと、私は思っています。


なぜ「YES」と言ったのか

同時に上司はいつも、人には「なぜ?ということも考えて、分からなかったら聞いてくれ」と言うのですが…。

上司はその相手がなぜ「YES」と言ったのか、見ていません…。

登録スタッフが、派遣先に入る時に「こういうことが起きてしまうと、会社にとってマイナスになるからやらないでね!」ということを言うらしいのですが、それに対してスタッフが「YES」と言ったら、それは「伝わった」ことなんでしょうね、上司には。


が。

なぜ「YES」と言った人たちが、無断欠勤の末、音信不通になり出勤しなくなるのか。

そのフォローに上司が東奔西走しなければいけないのか。

それは、「会社にとってのマイナスは自分にとってのマイナスではない」からでしかない。

別に彼らは会社にとってデメリットになろうと何だろうと、構わないんですよ。

本当はよーく考えれば分かるんですけどね、自分にとってのマイナスにもなることくらい(苦笑)。

でも、そのデメリットが分かっていても、逃げた方がメリットがある状態なんですよ、彼らには。

つまり、あの時のYESは「その場しのぎ」のYESでしかなく、話した内容や経緯、事情や思いなんて、一切伝わっていなかったということです。


心からの「YES」を得るためには?

では、彼らが心からの「YES」を言えるようになるには、どうすれば良かったのでしょう。

簡単ですよ。

彼らに「共感」を与えればいいんです。

え?簡単じゃない?

自分が共感することって何でしょうか?

どう考えても「自分にとって都合がよいこと」「自分が心地よいこと」「自分が得すること」でしょ?

つまりは。

「ここの案件の対応をしていくと、あなたたちにはこんなにいいメリットがありますよ!」という提示が出来ていなかったということです。

そしてそれを与えるには、相手が一番何に対してメリットを感じていて、何を一番求めていのかを、しっかり個別に掴むことです。

それをしっかり与えてくれる人に対して「当たり前だよね?」と思う人、多分少ないです。

が。

お金(賃金)で釣っても、何の意味もないよ?

働けばお給料がもらえるの、当たり前なんでね。

それ、すでに就業条件に入っているんだから、すでにそのお金がもらえるのは「当たり前」になっているので、今さらメリット提示にはならないですよ。出来高制でもないんだし。

それがない場所で「ツライなー、面倒だなー」と思ってしまったら、その人、そこで働く理由なんて、なくなりますよね?

それを防ぎたいのなら「ツライなー、面倒だなー」と思っても、「でも、こんな旨味があるんだよなー」ですとか「こんなプラスがあるんだよなー」をくすぐることが大事なんじゃないかと思います。


相手が気持ちよく、納得して「YES」を出すことが「伝わる」ということ。

心に染み入ること、納得感が強いことが「伝わる」ということではないかと思うのです。


キーワードは「なるほどね…!」

人って、どんなにイヤなことであっても、その中に1つでも自分のメリットになることがあれば、動いたりするものです。

本当に突然来なくなってしまう派遣スタッフの方もいるのですが、音信不通になったりしても、ダメ元で何度も電話やメールはします。

まぁ、電話は出ないよね(^^;

それでもメールを送る時に、ある事をすると、大抵返信が来て、持ち帰ったままの制服がちゃんと返却されたりします。

それは。

「制服の返却が確認できませんと、就業先の方が賃金のお支払いをしてくれません、労働対価の請求が出来ませんので、早急な制服の返却にご協力ください

と、相手に「命令」ではなく「お願い」をする、ということ。

つまりは「あなたのお給料のために、私たち、交渉しています!」という、そちらの味方であることを匂わせるんです。

そうすると、相手が「働いた分の給料は払えよ!ブラックか!」と思っていたとしても、「あ、自分が制服を持っているからいけないのか」と、その制服を返却することでのメリットを感じさせて、給料が払われない理由にも「なるほどね…!」と納得してもらう。

そして、お給料を得るための行動(制服の返却)を引っ張り出す。

このように、相手の行動、反応を引き起こすことが「伝わる」ということだと思うんです。


それと、自分が納得していることだからといって、相手もそれに納得するかどうかは別なんですよ。

それを忘れて、自分が納得できていることの理由と背景を相手に説明して「伝えたよね?YESって言ったから、伝わったよね?」というのは、相手に「YES」と言わせただけであり、そのYESは本心ではないんですよ。

伝わった時の「YES」は言わされたYESではなく、自分が自発的に選んだ、納得した「YES」なので、行動もしっかりYESになるんです。

言わされた「YES」に対して「あの時、YESって言ったんだから、自分の発言に責任を持てよ!」というのは、何となく言葉の暴力であり、考えの押しつけなので、そりゃ、誰もその考えにはYESって言わないよね…。

だから、上司はしっぺ返しを食らって、東奔西走しなければいけなくなるのよ…。

因果応報っていうのも、本当なんだなー、という話にもなりますね、これ。

輝凛(きりん)の独り言

日々の生活や、ニュース、色々な人からの言葉、本などから、私なりに感じた事を綴っていきます。 その他、運営している別サイトへのリンク記事もあります。