一人ではない、ということ

2016年4月14日、熊本で最大震度7を記録する大地震が起きました。

被害地域の皆さまをはじめ、地震に限らず、様々な不安を感じる方々にいつか届きますように、こちらに私なりの気持ちを残しておきます。

声をあげて下さい


本当に困った時。
助けて欲しい時。
不安で寂しく、人恋しい時。

とにかく、他人の協力が欲しいと感じたら、我慢をせずに、声をあげて下さい。

本当に助けが欲しい人を見殺しにするほど、世の中は腐っていません。

確かにその声はすぐには届かないこともあります。

それでも、本気で求めるものがあるなら、何度でも何度でも、声をあげて下さい。

あなたを助けてくれる人は、必ず現れる。
そう、1mmの曇りもなく、強く信じて声をあげて下さい。

我慢をするための言葉ではない


「一人ではない」
それは、我慢をするためにある言葉ではありません。

一人ではないからこそ、同じ思いや境遇の人たちで集まり、共に声をあげていくことで、声が大きくなるのです。

「私だけがツラいのではない」

そう思うのならば、我慢をするのではなく、ツラい人同士で支え合い、そして声をあげて、しっかりと周囲に協力してもらって、助けてもらって下さい。

自立という強さ


人の「自立」の条件として。

「適切な甘えを受け入れてもらう」

ということが挙げられると思います。

しっかりと自分の命を守るために、人生を守るために、適切に甘えることは、最終的に、助けてもらえた側の強さの理由になる。

「恩返しをしよう。しっかりと生きよう。」

そんな力強さを与えてくれるのも、まずは声をあげて助けてもらうという、自分の行動から始まります。

感情に蓋をしないで


本当に困った時。
ツラい時、寂しい時。

その感情に蓋をせず、しっかりと表に出して、協力しあえる人たちと支え合って、しっかりと生きて下さい。

その感情が癒えたら、今度は同じ感情で困っている人に寄り添い、助ける側に回ればいいだけです。

耳を傾ける相手を間違えないで


人は、人の役に立つことに誇りを持ちます。
人の役に立つことを「嬉しい」と感じます。

本当に困っている人を助けることを「迷惑だ」「甘えるな」とする人は、きっと人の心を失っているのです。

そんな人に助けてもらう必要はありませんし、そんな人の言葉に耳を傾けてはいけませんよ。

適切な甘えであれば、それを解消してくれる適切な人が現れます。

声をあげて下さい。

たったひとつの大切な命、人生を守るのは、自発的な「声」であることを忘れないで下さい。

我慢は本質的な強さではありません

我慢しないで。
我慢は、感情を誤魔化すことは弱さや人との壁を生み出しますが、感情を出して助けを求めることは、生きる力を生み出します。

何かの時に、様々な人に届きますように。

たった一人でも、どこかの誰かの勇気になりますように。

しっかりと、一人ではない生き方をしていきましょう、私もあなたも。

一人ではない強さを信じて下さいね。
花も太陽や地中からの水分、温度など、様々な外部の力でキレイに咲いていくのです。

人も一人ではなく、周囲と共に生きている、周囲がいるからこそ、生きていけるように思います。

どんな人と協力しあって生きていくのか。

それがあなた自身の人生を創るのではないでしょうか。

輝凛(きりん)の独り言

日々の生活や、ニュース、色々な人からの言葉、本などから、私なりに感じた事を綴っていきます。 その他、運営している別サイトへのリンク記事もあります。